高校入試の面接で質問に困らない【事前に対策をする】

高校の入試で失敗を防ごう

成功させよう

面接官

近年は、高校入試に面接を取り入れている学校が増えています。
学力だけでなく、個人の考え方に注目している学校が増えているので、希望の高校に入学したいのであれば面接の対策も練っておきましょう。
高校入試に関する面接は、各学校によって質問されることは異なりますが、どの学校でも高確率で聞かれることは志望動機です。
面接官に伝わりやすいような表現で、はっきりとした態度で話しましょう。
また、クラブ活動や高校生活の思い出など、大体面接で質問されそうな内容は決まっているので、あらかじめ答えを用意しておくと良いでしょう。
あがり症で、当日上手く面接に臨めるかわからないという人は、事前に面接練習を行っておくと安心です。
一人で練習しても意味がないので、親御さんや学校の先生に協力してもらって、ロールプレイしましょう。
もちろん、面接の雰囲気に慣れておくという点が重要ですが、ロールプレイでよかった点や悪かった点を指摘してもらえば、より印象の良い対応の仕方が分かります。
高校入試で聞かれそうな質問は、インターネットで検索すれば簡単に調べることができます。
高校入試対策専門のサイトもあるので、一度チェックしておきましょう。
当日尋ねられそうな質問の一覧や面接を成功させるコツ、先輩たちの体験談などを掲載している専門サイトもあるので、役立てましょう。
どんなに緊張しても、しっかりと練習で行った受け答えが身に付いていれば、怖くありません。
試験も面接も、事前の準備が大切です。

練習しておく

面接

高校入試の面接では、試験官がいくつかの質問をします。
質問の内容は高校ごとに異なっていますが、受験生が困ってしまうような内容は少ないで過度に緊張することはありません。
例えば、面接で将来のことを聞かれることがあります。
将来自分がやってみたい仕事は何ですかという質問になります。
高校入試で面接があるのは、受験生の意気込みや人柄をみるためです。
高校入試の面接で、立派なことを言う必要はありません。
質問されたら、それに素直に答えるようにしましょう。
高校入試の面接のときは、どんな人でも緊張します。
緊張するのは悪いことではありません。
しかし、緊張しすぎて質問にうまく答えられなかったら、入試の総合点が悪くなってしまいます。
たとえ緊張していても、試験官の質問にはきちんと耳を傾けて、その質問に合った答え方をしましょう。
質問はいくつかあるので、まず最初の質問にうまく答えるようにするのが大切です。
最初のものに答えられたら、緊張が少しなくなって、その次のものに答えられやすくなります。
高校入試の面接で聞かれることは、ある程度決まっています。
将来のことや夢、自分の長所、短所、得意な科目、クラブ活動などがよく聞かれます。
これらのことについては、スムーズに答えられるように、あらかじめ練習しておきましょう。
学校で模擬面接をしてくれることもあります。
家でも、両親に面接官になってもらって、答え方の練習をしましょう。
練習を多くしておけば、本番の時の緊張が少なくなるでしょう。

事前準備が重要

婦人

高校入試では、学力考査に加えて面接試験がある場合があります。
とくに私立高校では、面接試験が課されることが多く、また一般入試に比べて推薦入試のほうがその割合は高くなります。
高校によっては、学力考査に比べて面接試験による人柄重視の選抜を行っている場合もあります。
このように、高校入試では面接試験は避けて通れないため、どのような質問がされるのか、あらかじめ準備しておくことが重要です。
まず、「なぜ本校への入学を希望するのか」「本校の教育理念は何か」という質問が予想されます。
これらの質問で、受験者の入学意思の強さを評価します。
次に「中学校で学んだこと、成し遂げたこと」や「中学校での1番の思い出」を質問されることがあります。
これらは受験者の自主性や性格、意欲が評価されます。
こうした質問は、急に言われてもすぐに言葉にまとめることが難しく、返答に時間がかかってしまうと減点の対象に成りかねません。
そのため、あらかじめ高校入試における面接試験で予想される質問に対して、具体的な答えを用意しておきましょう。
紙に書き起すだけでなく、実際に話してみることも大切です。
あまりに長すぎたり短すぎても良くなく、話すスピードや抑揚を意識するようにします。
また中学校の先生や両親を面接官に見立て、面接試験の練習をすることも効果があります。
高校入試では必須とも言える面接試験対策をしておくことは、希望する高校への入学の第一歩となります。