高校入試の面接で質問に困らない【事前に対策をする】

自分のペースで学べる

勉強しやすい

婦人

通信制高校が福岡には数多くあり、最近注目を集めています。
福岡の通信制高校の魅力の一つは、自分のペースで学べることで、仕事をしながらでも学校に通うことが可能です。
福岡にある通信制高校のほとんどのところが、インターネットを使った学習ができるようになっています。
そのためにスマートフォンやパソコンがあれば、いつでもどこでも勉強ができます。
ネットで配信される授業を、自分の都合の良い時間に合わせて聞くことができます。
福岡の通信制高校は、以前の習得単位を生かせるメリットもあります。
例えば、普通の高校を中退した場合は、そこで修得した単位を新しい高校で継続することが可能です。
また、留年がないことも、このタイプの学校のメリットです。
普通の学校だったら、病気で休んだり、成績が悪ければ、単位を取れずに留年することになります。
しかし、通信制の高校では留年がないので、スムーズに卒業できます。
決められた単位を卒業までに取得するだけです。
福岡にある通信制高校には、学費が安いと言うメリットもあります。
普通の高校に行った場合の学費は、12万円から13万円程度です。
これは公立の場合で、私立になるとさらに高くなり、60万円を超えることがあります。
私立の学校がこれほど高いのは、授業料を多く支払うからです。
そのため、授業料が40万円を超える場合があります。
しかし、通信制の高校だったら、授業料は20万円程度で、施設の設備費なども私立の高校にくらべて、大幅に安くなります。

自宅にいながら単位を取得

学生と女性

福岡には自宅で勉強しながら高校卒業資格が得られる通信制高校があります。
様々な事情で登校が難しいという人や働きながら勉強をしたいという人に適しています。
福岡の通信制高校は多くの場合二学期制となっており、年に二回春と秋に入学式が行われます。
編入に関しては随時受付が行われているため、全日制高校を退学した後に入学することも可能です。
この場合、既に取得している単位はそのまま持ち越すことができます。
福岡の通信制高校に入学するためには、事前に試験を受ける必要があります。
一般的な高校とは違い、試験で重要視されるのは面接です。
面接時には、通信制高校を志望する理由などが聞かれます。
それとは別に、作文や簡単な筆記試験などが課せられる場合もあります。
筆記試験の内容は、中学で勉強した基本的な内容です。
入学後は、科目ごとに課題が与えられます。
教科書の内容を理解しているか確認するために、レポート提出が求められるのです。
理解度が低いと判断された場合には、再レポートを提出しなければなりません。
レポートをクリアしたら、定期試験を受けることが認められます。
定期試験で一定ラインの点数を取ることができた時に、その科目の単位が与えられます。
定期試験を受ける際には、実際に福岡の通信制高校まで登校する必要があります。
また、実習が必要な科目の場合も登校して授業を受けることになります。
これは、いわゆるスクーリングと言われるものです。
指定された日にスクーリングに行けなかったとしても、改めて別の日に開催されるため安心です。

自己学習の継続が肝

レディ

福岡には通信制高校がいくつかあり、何らかの理由で全日制の高校に行けない生徒に幅広く多様な学びの場を提供しています。
福岡に住んでいても福岡の通信制高校に行かなければならないわけではなく、全国展開している通信制高校もあり、そちらを選択するという手もあります。
通信制高校は基本自宅学習でレポートを提出することにより単位を取得し、高校卒業資格を得ることが目的のため、高校の場所は自由度が高いのです。
とはいえ、通信制高校でも学校行事には参加する必要があるため、福岡に住んでいるのならばある程度の近い方が便利ではあります。
生徒が登校しなくても、親が面談のために高校にいくことはあるので、その点も考慮して選ぶとよいでしょう。
また、通信制高校は学校に通う必要がないため時間の自由度が高いという特徴があります。
これは大きなメリットになるものですが、一方でデメリットにもなり得ます。
時間の縛りがないということは、自分で自分を律して学習を進める必要があるということです。
そのため、ある程度自己学習ができる人でないと卒業までに長期間かかってしまうことになります。
生活リズムも乱れがちになるので、その点も注意しなければなりません。
ただ、卒業したいという意志がすこしでもあるのならば、自分自身を律するよい機会ともいえます。
自分なりのペースで課題をこなすという経験を何度もこなすことで、自分自身で学習しこなすためのペース配分をする練習になります。
外部から学習ペースが与えられる全日制と違い、自分自身でリズムを作るのは創造的な人間の育成につながるともいえます。